【探偵学校】新カリキュラム「通信技術による無人調査」

探偵学校のカリキュラム

どんなに優秀な探偵でも姿を消すことはできない

当然です。探偵が人である以上、透明人間になることはできません。よく探偵学校では、「風景になれ。」と教えます。例えば、オフィス街では、スーツ姿となり、その他大勢と同一化します。繁華街では、服装を崩し、同じようにその他大勢の一人になることで、目立たないようにするわけです。

多様化が進めば環境が変わる。

現在の日本は、生活態様の多様化が進み、地域によって色が違うというようなことがなくなってきています。また、街づくりにおいても、マンションや公共の施設などにおいても、防犯カメラの普及やニュースで伝えられる凶悪事件などにより、相対的に警戒心が上がっています。
単純に張り込みをするとしても、その張り込みの時間が長時間に及べば及ぶほど、不審がられてしまう傾向が強くあります。

また、路地が狭く張り込みが不能だが、道路上のルートは多岐に及び、尾行することが極めて難しいという場所もあります。地方や田舎などでは、よそ者は余計に目立ってしまうなど、張り込み自体が発覚の危険を強く持っています。

目に見えない通信網を利用することで監視状態を保つ技術

例えば、携帯電話が繋がるエリアは、ほぼ100%に近いエリア率をを誇ります。この電波網は、目に見えるものではありませんから、このような通信技術を利用することで、オンタイムで指定場所を監視することが可能になります。

もちろん、機械を導入する必要もあるし、それに伴なうプログラミングの必要もありますが、この機械への技術を探偵学校で学ぶことによって、シチュエーションに合わせた偽装したカメラなどを調査で利用することができますし、カメラが何かを映し出したら、指定した携帯電話にその画像を配信するなどの自動プログラムを組み込むこともできるようになります。