身につくスキル「経験値」

探偵必須技能「経験」

T.I.U.探偵養成学校では、調査実習が疑似体験としての経験値となるように模擬調査を行います。(実際の調査をモデルにした実習です。)

探偵の調査経験とは

探偵が調査を行う時、その成功率に大きく関わるのが、「探偵としての経験」です。経験値が高い探偵は、もちろん初歩的なミスはしませんし、調査の対象者に合せて的確な判断を下します。しかし、この調査経験は一般的に考えられる「調査歴○年」という基準では考えてはいけません。というのも、探偵調査業界は1ヶ月1件の調査をこなせば、個人事業で行っている探偵であれば、食べていけると言われる業界だからです。(探偵業は個人事業主が7割以上の割合を占めています。)ですから、調査の経験は下記の手順で考えます。
・「何時間の調査を行ったか?」
・「何件の調査を行ったか?」
・「調査カテゴリごとの調査時間とその成功率」
・「全体的な成功率」
などの複合的な要素で考えます。また、特殊な業界で経験を積んだ事もその特殊な業界における調査には有効と考えます。

T.I.U.探偵養成学校での経験

T.I.U. 探偵養成学校では、実際に行った調査をそのままモデルとして実習を行います。ですから、T.I.U.探偵養成学校での実習を行うだけで、実務を自然と身につける事ができるのです。長期探偵専門教育ですから、一般的な調査スタッフが経験する約半年分程度の調査スキルを探偵学校のみで身につける事ができます。

実習・講義での知識を生かすための課題

実習や講義で得た調査スキルを生かすためのカリキュラムが「課題・指令調査」です。それまで学んできた調査力を発揮し、課題を解決して下さい。

経験スキルを得るための学習

優秀な探偵ほど良く学ぶ。これは、T.I.U.総合探偵社の社長の言葉ですが、事実、優秀な調査スタッフはあらゆる知識や技術を習得するため、空いた時間などを利用して勉強を欠かしません。こうして得られた知識はT.I.U.探偵養成学校に提供されます。
常に新しい解決知識があり、その知識を身につける事ができるというのがT.I.U.探偵養成学校の特長です。ですから、調査の知識は追加テキストとして学習期間中常に補完します。

習得については個人差があります。