身につくスキル「防犯力」

探偵必須技能「防犯力」

今、探偵には防犯力が必要!

ストーカー被害や嫌がらせの解明調査、ご近所トラブルなど、調査依頼の需要は年々、様々に変化しています。こうした新しいカテゴリーの調査を確実に行えるようになるには、そのトラブルに関する知識が必要です。 T.I.U.探偵養成学校には、T.I.U.グループ内の防犯部より鍵師を講師に迎え、ストーカー対策を完璧に行える知識と技術を教えます。だから、プロが行う本物の防犯力が身につくのです。

防犯機材=調査機材

防犯機材の中には、証拠収集用のカメラや人体を感知するセンサーなどが多く利用されています。これは、多くの調査機材と共通する部分を含んでいます。ですから、防犯機材を学ぶ事は調査機材を同時に学ぶ事になるのです。さらに、無人の証拠収集通信機器を設計できる力が養う事ができれば、多くの調査に役立てる事ができます。こうした特殊な機材の設計をプロが教えているのもT.I.U.探偵養成学校の特長です。

ストーカー対策に有効な防犯力

ストーカー対策に必要なことは、被害を受けている依頼主の危険を確実に回避し、ストーカー被害の証拠を収集することです。依頼主の身の安全を図るのがプロの防犯力です。 T.I.U.探偵養成学校なら、防犯の基本といえるカギの知識を学ぶ事ができます。また、最新の防犯技術や防犯カメラを使った防犯実習を習得すれば、あらゆるカギのタイプを見分け、自分で新型のカギに交換する事や通信網を利用した防犯カメラを設置するもできます。プロの探偵は関連分野に関してもプロの技能を持たなければいけないのです。

防犯力は守る技能

尾行を伴う調査が能動的に証拠を収集する攻撃的な調査だとすれば、依頼者様の身の安全を図り、被害証拠を集める防犯力は、「守る」技能であると考えられます。プロの探偵は攻守伴うオールラウンドプレイヤーでなければ、成り立ちません。T.I.U.探偵養成学校なら、プロの「守る」技能を確実に身につけることができます。攻める調査もプロであり、守る調査もプロである。今、必要とされている探偵には、守る力も重要なのです。