身につくスキル「法律知識」

探偵必須技能「法律」

必要な知識を無理なくわかりやすく学ぶスタイル

探偵にとって法律は絶対不可欠

多くのトラブルに関する調査を行う探偵にとって、「法律」は絶対不可欠な技能です。「法律」を知っているのと知らないのでは、大きな差が出ます。例えば、どの要件をそろえれば、詐欺を立証できるか?、離婚の際に有利にはたらく要因とは何か?など、知っていれば、その瞬間を逃すことなく、捉える事ができます。 しかし、知らなければ、その瞬間を逃す事も・・・。
特に必要な法律は下記の通りです。

  • 「民法」
  • 「刑法」
  • 「民事訴訟法」
  • 「探偵業法」
  • 「ストーカー規制法」
  • 「個人情報保護法」
  • 「軽犯罪法」

など、様々な法律を広く浅く、重要な部分は判例を含めて、実務上の方法論も知っておく必要があります。

T.I.U.探偵養成学校なら、法務検定合格レベルの法律カリキュラムで、確実に法務力が身につきます。

依頼の相談の前提は「法律」を知っているか

例えば、「離婚」。最悪のケースとしては、裁判による離婚となります。そんな時、法律を知っている探偵と全く無知の探偵とあなたならどちらに依頼するでしょうか。答えはもちろん、「法律」を理解している探偵です。多くの依頼・相談は、法律と密接な関係を持っています。ですから、探偵は相談を受ける前から法律 の基礎知識をしっかり身につけていなければなりません。T.I.U.探偵養成学校なら、実務を元にした法律の学習があるから、相談で困る事はありません。

法律で調査のポイントを絞る

調査依頼の多くは、民法による損害賠償に関するもの。多くの判例を学んでいる探偵は、調査のポイントを外しません。だから、依頼者様にとって有意義な証拠が収集できるのです。探偵にとって、必須技能と言えるのが「法律」です。

ストーカー・詐欺事件を解決する

探偵は多くのストーカー調査、詐欺事件の解明を行います。また、浮気や不倫についても解決のための証拠収集を行います。その際に、知識として最も有効なもの が「法律」です。法律を知ることで、スムーズな調査を行う事ができます。また、行き過ぎた調査は法律違反となり、刑法によって裁かれてしまう危険性もある のです。ですから、探偵として調査を行う上で、必要なのが「法律」でもあるのです。
T.I.U.探偵養成学校では、「法律」に関する基礎知識や読み方からはじまり、法務検定合格レベルの知識が身に付くカリキュラムをご用意しました。