探偵学校に入学するメリットは何ですか?

name
探偵学校に入学するメリットは何ですか?

探偵学校に入学するメリットは様々あります。大手探偵事務所が経営する探偵学校であれば、人手不足などの問題がありますから、相当出来ない人でない限りは、就職先を見つけることができと思います。特に女性、運転が上手である(元タクシー運転手やトラック運転手)など得手な分野や立場上優位であれば、就職先を選択できると思います。ここで重要なのは、株式会社などのいわゆる法人は、社会保障制度に介入する義務があります。これがきちんと完備されているかということは、就職先を選ぶ重要な情報になります。ブラック企業が多いので、その点はよく条件を確認する必要があるでしょう。

ただし、これは、学校単体としての強みとは言えません。学校で何を学んで、どんな技能を身につけているのかということは二の次の条件と言えます。

探偵学校本来のメリットとは

探偵学校本来のメリットとは、調査に対する技能が身につく、調査に必要な多分野にわたる知識が身につくということです。

T.I.U.探偵養成学校は、標準学習期間単位を542単位に設定しています。1単位は50分間となっていますが、これを他校のカリキュラムで換算すると、42単位が平均的だと言えます。12倍以上のカリキュラムとなると、比較する対象ではありません。

T.I.U.探偵養成学校で学ぶメリットは、ゼロから探偵としてのスキルを、学校という安全な環境で、第一線で活躍する現役探偵や敏腕探偵として認められている様々な事案を解決してきたベテランの探偵から直接の指導を受けることができ、知識面でも充実したスキルを身につけることができるということです。

また、敢えて就職の保証はしていませんが、これは学校としては当然のことです。ただ、卒業生は希望通りの探偵事務所への就職を決めていますし、独立し、探偵学校の母体であるT.I.U.総合探偵社から支援を受けているという事実はあります。

探偵は危険と隣り合わせである?

探偵の常に行っている業務は、危険と隣り合わせと言えます。例えば、尾行がバレたとします。この場合、軽犯罪法違反に問われる可能性がありますし、尾行をするというのは素行調査などの一環ですから、会社に損害を与えてしまうことになります。あまりに下手な尾行をするのであれば、解雇理由になるとも言えるわけです。通常のビジネスで、業務の失敗が場合によっては逮捕になるようなビジネスは他にはあまりありません。ですから、実力不足のまま、卒業させてしまうということは、T.I.U.探偵養成学校ではしないのです。尾行は確実に行える力があり、危険な場面では、先行して察知し、回避する力を養うということも、探偵学校としての役割です。

ですから、カリキュラムが豊富で長期にきちんと養成している探偵学校であれば、通常業務のリスクを回避する力が養えるということです。

想定されるスキルは5年分の実務経験

T.I.U.探偵養成学校が想定しているスキルは、何の教育機関に通うこともなく、単に探偵事務所に見習いでこき使われている状態で現場のサポートなどから始め、OJTでスキルを身につけるという昔ながらの修行に近い学習をして探偵となっていく者との比較で、およそ5年分、苦労して研究や失敗を重ねて身につけるスキルを、1年間もしくは1年半の教育期間で、確実に身につけるということが想定されてカリキュラムが組み立てられています。

本来であれば、5年程度、苦労の時期があるわけです。それが、教育機関ですから、安全にすでにスキルを身につけている探偵から、直接指導を受けることができるというのが、最大のメリットとも言えます。

スキル獲得については個人差があります。