探偵学校は何をするところか?

探偵学校はある意味特殊な専門学校

探偵学校は探偵の業務を学ぶところです。例えば、探偵は実際の業務でどのくらい張り込みをするでしょうか?− 30分?60分?90分?いいえ、実際は、4−8時間程度の張り込みを現場調査では行なっています。

探偵学校の授業が3時間程度しかないのだとしたら、それは実際の調査の経験になるのでしょうか?

もちろん、ノウハウはその中で学ぶことはできるでしょう。しかし、それは一般的な答えを知るだけであり、「経験」にはなりません。

もしも、あなたが手軽にノウハウだけを学びたいのであれば、短時間で簡単な基礎を教えてくれる探偵学校に入れば良いでしょうが、それではきっと、単純な尾行調査ができるようになる程度でしょう。

8時間連続実習がある探偵学校は

8時間の連続尾行実習がある探偵学校は、「T.I.U.探偵養成学校」だけです。

なぜ、8時間もやる必要があるのかといえば、3時間の尾行実習を行うよりも現場での即戦力になるからです。例えば、8時間も調査実習を行うと、全ての時間に集中力を保つことはできませんから、ポイントの押さえる力が身につきますし、実際の調査相当の時間、模擬体験として安全な範囲での調査実習を行いますから、調査としての経験を得たことになります。

もう1度よく考えてみましょう

現場に立てば内部では新人とか見習いでも、クライアントからすれば大事な調査を任せたプロです。ミスは一切許されることはありません。

即戦力としての力を探偵学校で身につけることは、当たり前のことなのです。その力を身につけるために必要な教育カリキュラムがある探偵学校をもう1度よく考えて探してみてください。