近年増加中のストーカー事案について学ぶ

ストーカー規制法

ストーカーについては、規制法がありますから、その構造と概念を学びます。ストーカーというのは、感覚や個人的感想で成立するのではなく、法のもとでの判断となるため、まずはのスタートして前提となる基礎力が、法論理の理解となります。

ただし、T.I.U.探偵養成学校は、ロースクールではありませんから、よりわかりやすいように図式や事例を使い、学びます。

ストーカー調査の理論

代表的なストーカーの被害事例を学び、それに対応した調査手法事例を学びます。この際、無人調査機器などの構成の方法やその使用方法の他、仕掛け方などの基本的な技術を習得します。

ストーカー調査についての技術

最新のストーカー被害は、ネットストーカーであったり、SNSで追ってくるものであったりします。いわゆるコミュニケーションツールとして各アプリなどが発展したところから、トラブルの質も大きく変化しています。ですから、最新の調査技術としてプログラミングなどを含め、広範囲に調査に対応できるように技術を習得します。

被害カウンセリング〜心理学と推理力

被害自体を事前によく話を聞くことによって、ストーカー行為者が不明な場合などは、大きなヒントになっていきますし、時には、誰がストーカーなのかを事前に把握することも可能です。全く情報がない調査は、調査員の身の危険が伴いますから、心理学に基づいた適切な聞き取りは重要です。