基本カリキュラム(探偵学校本科コース)

探偵学校としての本来の機能、優れた学習カリキュラム

探偵に公的な資格はありません。だからこそ、広い調査知識があり、優れた技能を持っていなければ、探偵として生き残ることはできません。そして、探偵界の判断基準は、すべてが結果です。どんなに良いプロセスを踏んでいても、結果を出せなければ、実力のない探偵としてみなされます。
だからこそ、これから探偵になろうという受講生が集まる探偵学校は、優れた学習カリキュラムで受講生を卒業までに一流の探偵の養成しなければならないのです。

カリキュラムの3本柱

カリキュラムは大きく3つの分野に分かれています。

探偵知識、調査理論

様々な関連知識を網羅しています。法務や交渉理論のみならず、各調査についても理論があり、正しい知識を身につけることができます。

調査理論カリキュラム(探偵学校本科コース)

2016.04.25

技術実習

盗聴器や鑑定、プログラムの理解などは実践的な技術実習で習得することが可能です。

技術実習カリキュラム(探偵学校本科コース)

2016.05.09

調査実習、調査演習

実際の調査に基づいて、スキルが必ず上がる調査実習を行います。また、指令から簡易の模擬調査を行う調査演習では、探偵調査の前提をわかりやすく身につけることができます。

調査実習・調査演習カリキュラム(探偵学校本科コース)

2016.05.09